ウミガメと愉快な仲間たち (奄美海洋展示館の日常)

amamikaiyo.exblog.jp
ブログトップ

川の仲間たち

展示館では海の生き物だけではなくて、川の生き物も飼育しております。
その中でも今日はタナガを紹介します。
タナガの本名はテナガエビと言います。テナガエビにもいくつか種類があって、よく奄美で見られるのはミナミテナガエビとヒラテテナガエビです。
当館には大小様々なタナガが約30匹いますが、その中でのボスが↓です。
d0126207_16333567.jpg

カメラマンの腕が悪くて多少見にくいでしょうが、大きさだけは伝わってくれると幸いです。
爪の先までいれると、体長は約20cm(大げさかな?)になります。
エサを食べる時もボスのおこぼれを他のタナガが食べるっていう感じです。
自分も夏場はよくタナガ取りに行くのですが、これほどの大物はなかなか見た記憶がありません。
いつかはこんな大物を「とったどー!」って言ってみたいものですね。
だけど、タナガを食べる時は大物より少し小さい位の方が美味しいですよね。
皆さんはカリカリ炒めて食べる派ですか?それともから揚げ派ですか?
ちなみに自分はフライパンが駄目になる位カリカリに炒めた派です。
[PR]
by amamikaiyou | 2007-09-26 16:49 | その他の生き物